トップページ > つぶやき > リトリートという言葉が広まったのはベトナム戦争から

  • mixiチェック

リトリートという言葉が広まったのはベトナム戦争から

■2016/02/25 リトリートという言葉が広まったのはベトナム戦争から

リトリートとは「退く」という本来の意味から「退修会」というやや消極的なニュアンスのある日本語として訳されたりします。

しかし実は積極的、実践的な意味がこめられているのです。

リトリートという言葉が広まるひとつの発端は、ベトナム戦争でアメリカ兵たちがひと時の休暇を近隣国のタイで過ごしたことからきているといわれています。

リゾート地であるタイで休養つまりリトリートをとった後にまた最前線の戰いに出ていったわけです。

世の中の現実的な問題と取り組むためにこそ、ひと時のリトリートが必要なのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表