トップページ > 心理学コラム > 統合失調症はトラウマや女性ホルモンが関係する

  • mixiチェック

統合失調症はトラウマや女性ホルモンが関係する

■2016/04/07 統合失調症はトラウマや女性ホルモンが関係する
統合失調症の発症は思春期の頃から始まります。

その背景には何らかのトラウマが潜在していることが多いものです。

母親からネグレクト(無視)や父親から虐待などが考えられます。

ですから、統合失調症の原因は幼少期まで遡ることが多いものです。

また、女性の場合は思春期になると性腺刺激ホルモンが分泌されることで、心身のバランスが崩れて統合失調症や摂食障害になりやすくなるといわれています。

さらに、その後の更年期のホルモンバランスの崩れから発症するようなこともあります。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表