トップページ > 心理学コラム > 東洋思想や神秘思想にも傾倒したユングは牧師の家系の出身だった

  • mixiチェック

東洋思想や神秘思想にも傾倒したユングは牧師の家系の出身だった

■2016/04/12 東洋思想や神秘思想にも傾倒したユングは牧師の家系の出身だった

20世紀初頭にフロイトとともに精神分析学をリードした多くの医師はユダヤ人でした。
 
しかし、フロイト派ユダヤ人ではなくスイス人であるカール・グスタフ・ユングを国際精神分析学会の初代の会長に据えることにしたのです。
 
当時はユダヤ人に対するナチスの迫害が強まっていた時代であり、フロイトはユングをトップにすえることで学会を迫害から守る意図があったのだろうといわれています。
 
そのユングはプロテスタント教会の牧師の家庭に生まれており、父親のみならず、父方の伯父2人が牧師、そして、母方にも6人もの牧師がいました。
 
ただユングは母方の遺伝らしいのですが、統合失調の傾向があり、幼少期より幻覚を見たり、内側に「第二の人格」を感じていたようです。
 
壮年期以降は東洋思想や錬金術にも興味をもち、キリスト教の枠を超えてその思想は年と共に神秘的な色彩が強まっていきます。

フロイトとも袂を分かって独自のユング心理学を創始するのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表