トップページ > 心理学コラム > 東洋的にみえるユング心理学の根底にあるのはやはりキリスト教

  • mixiチェック

東洋的にみえるユング心理学の根底にあるのはやはりキリスト教

■2016/04/13 東洋的にみえるユング心理学の根底にあるのはやはりキリスト教

ユングは、仏教のマンダラのような円形の模様を自ら描き、それを自己統合の表れと考えていました。
 
東洋的な要素を多分に含んでいるユングの思想は日本で人気があるのです。
 
しかし、ユングは、自我の強い西洋人が没我の境地を目指す東洋の瞑想をなすのは一種の退行であると考え否定的な立場をとりました。
 
西洋人は主体者意識をもって人生の問題解決をなすべきだと考えたのです。
 
昨日、ユングの家系には牧師が何人もいると書きました。

ユング心理学の根底にあるのは、一元論的な東洋思想ではなく、やはり絶対者に対して一個人として向き合うキリスト教思想であると私は思います。
 
 
 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表