トップページ > 心理学コラム > フロイト、ユング、アドラー、そして、フランクルのロゴセラピー

  • mixiチェック

フロイト、ユング、アドラー、そして、フランクルのロゴセラピー

■2016/04/15 フロイト、ユング、アドラー、そして、フランクルのロゴセラピー
フロイト、ユング、アドラーについて書いてきましたが、臨床心理の創成期において、もう一人重要な人物がいます。

それはヴィクトール・フランクルです。

フランクルは「夜と霧」の作者として知られています。

ユダヤ人であるが故に味わった自らのアウシュビッツの過酷な体験を綴った古典的名著です。

そして、フランクルは精神科医としてロゴセラピーというものを創始した人でもあります。

ロゴとはギリシア語のロゴスという言葉に由来し「人生の意味」を表します。

フランクルは最悪の状況であってもそこに人生の意味を見出すことができるはずだと考えたのです。

ロゴセラピーは、心の症状の解消ということではなくて、人生を意味を見出すことを目的とした心理療法なのです。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表