トップページ > 心理学コラム > 芸術家に多いアスペルガー障害の怒り

  • mixiチェック

芸術家に多いアスペルガー障害の怒り

■2016/04/19 芸術家に多いアスペルガー障害の怒り

芸術家などで激情的なタイプの人がいます。

ゴッホもそうですが、昨日書いたカラヴァッジョもそうです。

カラヴァッジョの場合は、絵画の才能はあっても、服装はだらしなかったということなのでまずアスペルガー障害が疑われます。

アスペルガー障害とは生まれつき何らかの脳内のトラブルがあって、周りの空気が読めない人、つまり、KYの人のことです。

当然服装なども気にしません。

その分、自分の世界に没頭してしまうところがあるので、芸術家として大成する人もいるわけですが・・・・

アスペルガーの人は相手の気持ちが分からず、自分がこう思うことは当然相手も同じように思っているに違いないという思い込みが強いのです。

ですから、自分の気持ちを言葉で説明しないのです。

そして、相手が自分の意に反した言動をすると、「どうして !  わからないの ! 」 ということで怒りが爆発するのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表