トップページ > 心理学コラム > アスペルガー障害から依存症になることもある

  • mixiチェック

アスペルガー障害から依存症になることもある

■2016/04/21 アスペルガー障害から依存症になることもある

アスペルガー障害の人は、相手の気持ちを読むことができせん。
 
ですから、相手を傷つける言葉、例えば「太っているね」だとかを平気で言ってしまうことがあります。
 
そして、人は去ってしまいます。
 
アスペルガー障害の人は対人関係をうまく作れない自分を嫌悪してアルコールや薬物、ギャンブルといった依存症になってしまうこともあるのです。
 
しかし、そのような場合は、依存症のための自助グループに参加しても回復は難しいのです。
 
根本的な問題は依存症ではなくてアスペルガー障害だからです。
 
 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表