トップページ > 心理学コラム > 日本人の心の癒しと浄土真宗の阿弥陀信仰

  • mixiチェック

日本人の心の癒しと浄土真宗の阿弥陀信仰

■2016/04/27 日本人の心の癒しと浄土真宗の阿弥陀信仰

日本の仏教の中で一番心の癒しに貢献しているのは、浄土真宗です。

浄土真宗は親鸞を開祖とし、自分の罪深さを受け入れひたすら阿弥陀仏を信じて南無阿弥陀仏と唱えることで救われるという教えです。

日本独自の心理療法として内観法というものがありますが、内観法はもともと浄土真宗のみ調べという修行法からできたものです。

さらに、内観法とともに日本の心理療法として有名な森田療法は、直接的には浄土真宗の影響を受けてはおりませんが、自分の力で解決しようという思いを放棄する点で浄土真宗の本質に通じるものがあります。

自分の心の葛藤や迷いをそのままあるがままに受け入れれば良いと説いた森田療法の創始者である森田正馬は昭和の親鸞とも呼ばれる人です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表