トップページ > 心理学コラム > スピリチュアリティ(霊性)とは学術用語でありながら曖昧なもの

  • mixiチェック

スピリチュアリティ(霊性)とは学術用語でありながら曖昧なもの

■2016/05/11 スピリチュアリティ(霊性)とは学術用語でありながら曖昧なもの

スピリチュアリティ(霊性)という言葉は、20世紀に入った頃から宗教に代わるものとして、医療、特にターミナルケア(終末期の医療)の分野などで、学術用語として使われるようになりました。
 
しかしながら、なかなか定着しない曖昧なものが残る概念でもあります。
 
というのは、スピリチュアリティというものが、主に人間の心の無意識的な部分を指すものだからです。
 
それでも表面表面に現れている地域の文化や風習などの特徴から、日本的な霊性だとか、アイヌの霊性とか、キリスト教的な霊性とかいうとなんとなく分かるような気もするかなといったところです。


 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表