トップページ > つぶやき > 木と会話することで微細な感覚を養う

  • mixiチェック

木と会話することで微細な感覚を養う

■2016/05/23 木と会話することで微細な感覚を養う

昨日のこどもの国のレクチャーでは木とのコミュニーケーションというものをやりました。

細かい内容についてはカレッジの規則でお話することはできません。

悪しからず。

木は一箇所に根を張り、動くことはできない存在ですが、その分、葉や枝ぶりなどで自らを表現しているらしいのです。

もっとも、自己表現といっても、人間のように言葉や表情で自らをはっきりと表現することはできません。

木を感じ取るためには心を研ぎ澄ませる必要があるのです。

ですから、微細な感覚を養うためのトレーニングとして木との会話というのは意味があるかなという感じです。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表