トップページ > 心理学コラム > 初回カウンセリングのインテークでの問題特定

  • mixiチェック

初回カウンセリングのインテークでの問題特定

■2016/05/24 初回カウンセリングのインテークでの問題特定
カウンセリングの初回はインテークといって、クライアントの主訴を聞き、家族構成を教えてもらい、生育歴を語ってもらいます。

そうすると大抵は幼少期のトラウマだとか、先天的な発達障害だとかいうものが問題の根底にみえてくるものです。

しかしながら、いくら聞いても問題の本質が見えてこないことがあります。

がんの家系でもなく、親戚に依存症の人もいません。

クライアント本人もそれほど大きなトラウマを抱えているわけでもないのです。

それなのに、なぜか緊張してしまうし、怒りが沸いてくる。

そのようなケースは、他人のトラウマやネガティブな思考をそのままもらってしまっていることがあるのです。

自分の心のなかにあるものがすべて自分のものだとは限らないのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表