トップページ > 心理学コラム > 抗うつ薬を使わず休養をとるだけでうつは良くなることも多い

  • mixiチェック

抗うつ薬を使わず休養をとるだけでうつは良くなることも多い

■2016/06/08 抗うつ薬を使わず休養をとるだけでうつは良くなることも多い

うつということで精神科や心療内科に行くと、抗うつ薬を処方されます。

しかし、薬がどこまで有効なのか、体内でどのように作用するのかということについては、ほとんど分かっていないのです。

そして、薬とともに医師は休養を十分にとるように指示するものです。

ある精神科の医師は「抗うつ薬の有効性を証明する論文が出ているので、おそらく薬は有効なのだと思います。しかし、薬を飲まなくても休養だけでもうつが治ることがあるというのは厳然たる事実なのです」と言っていました。

休養を十分にとれれば、体調が良くなってうつもよくなることは多いものです。

それにしても、確かに抗うつ薬が有効な場合もあるのです。

例えば、大きなトラウマはないのに、遺伝的にセロトニンの量が不足していて慢性的にうつっぽいというような場合はSSRIと呼ばれる抗うつ薬によってセロトニンを補給する必要があるのです。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表