トップページ > 心理学コラム > ブータンの「セムガェ」という言葉は「幸せ」とは違うようです

  • mixiチェック

ブータンの「セムガェ」という言葉は「幸せ」とは違うようです

■2016/06/12 ブータンの「セムガェ」という言葉は「幸せ」とは違うようです

上野の森美術館で開催されている「ブータン 幸せに生きるヒント」展を観てきました。

ブータンはチベットに隣接する国で、やはりチベット密教(ラマ教)を国教としております。

写真はブータンの女性が身に付けるキラと呼ばれる民族衣装の柄です。

丸ではなくて四角を基調としておりますが、マンダラ同様このような文様も私のたちの心の深いところにあるイメージだと考えられます。

ブータンと言えば、幸福度の高い国として知られています。

ですから、今回の展覧会も「ブータン 幸せに生きるヒント」というタイトルになっているわけです。

しかし、日本語の幸福、幸せにあたる言葉は厳密にはないそうです。

彼らの言葉で「セムガェ」というのは、心地よいという意味合いだそうです。

具体的には家族といるとき、友人と会ったとき、お祈りをしているとき、そして、キラなどの織物を織っているときなどに感じる感情だそうです。

日本語の幸せには、物質的、経済的なものも入ると思いますが、「セムガェ」は純粋に人と人と内面的な交流を指す言葉なのでしょうね。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表