トップページ > 心理学コラム > パニック障害やPTSDなどの不安障害にFAP療法は特に有効

  • mixiチェック

パニック障害やPTSDなどの不安障害にFAP療法は特に有効

■2016/07/18 パニック障害やPTSDなどの不安障害にFAP療法は特に有効

心の問題は一人一人違うものですが、おおよそのところいくつかのジャンルに分類できます。
 
アルコールやギャンブルなどの依存症、うつ、そううつといった気分障害、パニック障害やPTSDなどの不安障害、アスペルガーなどの発達障害、そして、統合失調症です。
 
私のところに来るクライアントの中で一番多いのが不安障害です。
 
全体の4割程度でしょうか。
 
不安障害は主にトラウマが原因で過緊張が生じてしまうものですが、FAPはトラウマ治療のために開発された心理技法なので最も即効性が期待できる分野なのです。
 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表