トップページ > 心理学コラム > オリンピックで活躍するアスリートはスポーツ向きの体癖をもつ

  • mixiチェック

オリンピックで活躍するアスリートはスポーツ向きの体癖をもつ

■2016/08/17 オリンピックで活躍するアスリートはスポーツ向きの体癖をもつ
リオオリンピックでは日本人選手の活躍が続いています。

日々の大変な努力を積み重ねた成果ということでしょう。

ただ、オリンピックでメダルを取ったり、プロの一流選手のレベルに達するためには、努力だけではどうにもなりません。

やはり生まれ持った資質とか素質といったものがなければ大成はできないのです。

野口晴哉という天才的な整体師は、「体癖」という二巻の本の中で生まれ持った人間の身体的な特徴とそこから生じる性格傾向を12種類に分類しています。

その中で、スポーツの分野で大成するのは、五種と七種だといわれます。

五種は顔が四角くて肩幅があり上半身がたくましく、気のエネルギーーが前へ前へと行くようなタイプで政治家や実業家にも多い人たちです。

七種は顔は逆三角形で下半身が強く、気の流れにねじれが入り、個性を主張し勝負にこだわるタイプで芸能人にも多い人たちです。

十二種類のうちでパッと見てすぐに判別出来る典型的なタイプの人もいますが、たいていはそう簡単にはわかりません。

人間は12種類の体癖のうち一つだけをもっているのではなくて、二つか三つの体癖を併せ持ったハイブリットなのです。

そして、そのなかで一流のアスリートは五種と七種を両方を併せもっている人たちです。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表