トップページ > 心理学コラム > トラウマは車のアクセルとブレーキを両方踏み続けた状態

  • mixiチェック

トラウマは車のアクセルとブレーキを両方踏み続けた状態

■2016/09/13 トラウマは車のアクセルとブレーキを両方踏み続けた状態

緊張の一番の原因はトラウマです。

トラウマをもっている人の状態とは車のアクセルとブレーキを同時に踏み込んでいるような状態です。

太古の昔、人間は森で猛獣に遭遇すると、勝てると判断した場合は攻撃をしかけます。

負けてしまうと思ったら逃げます。

闘争か逃走かというわけです。

ところが、現代人は上司に怒鳴られた場合、怒りがこみ上げてきますが喧嘩はできず心に歯止めをかけます。

つまり、アクセルとブレーキの両方をかけた状態になってしまうのです。

そのような状態ではエネルギーは解放されることなく内にこもってしまい、体は緊張しストレス状態になります。

それでも居酒屋で同僚と発散できればいいのですが、言葉での表現ができないとトラウマとして定着してしまいます。

特にボキャブラリーの少ない子供の頃は言語化するのが難しく体が過緊張状態となり大人になってもトラウマとして残ってしまうことが多いのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表