トップページ > 心理学コラム > どんな困難な問題でも七年経つと何らかの回復の兆しが・・・・

  • mixiチェック

どんな困難な問題でも七年経つと何らかの回復の兆しが・・・・

■2016/10/03 どんな困難な問題でも七年経つと何らかの回復の兆しが・・・・

私のところに来て下さるクライアントは重症の人が結構います。

お話を伺うとウーンと唸っしまうこともあります。

しかし、どんな大変な状態でも大抵七年ぐらい経つと何らかの回復の兆しが見えてくるものです。

七年ほどの時間が経過すると、その人の家族の中に、葬儀や結婚、出産といった出来事が起きるものです。

つまり家族のバランス関係が変わるのです。

そのことをきっかけに長年の問題が氷解していくことはよくあることなのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表