トップページ > 心理学コラム > カウンセリングはクライアントの言外の情報も読み取るもの

  • mixiチェック

カウンセリングはクライアントの言外の情報も読み取るもの

■2016/10/06 カウンセリングはクライアントの言外の情報も読み取るもの

カウンセリングは基本的には言葉と言葉のやり取りです。

しかし、通常の会話とは違います。

単なるおしゃべりならば表面的な話だけで一時間ぐらいアッという間に過ぎてしまいます。

カウンセリングの場合は一時間の間にその人の問題の本質をとらえなければなりません。

特に初回のカウンセリングではそのことが要求されるのです。

言葉による情報だけではなく、その奥にあるクライアントの深い感情をFAPという技法を用いて私は体で感じているのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表