トップページ > 心理学コラム > エホバの証人の映画  家族問題には宗教が絡むことが多い

  • mixiチェック

エホバの証人の映画  家族問題には宗教が絡むことが多い

■2016/10/23 エホバの証人の映画  家族問題には宗教が絡むことが多い
私の家にもエホバの証人の人が伝道に来ることがあります。

日本でもエホバの証人の信者は、信仰上の立場から生死に関わる状況にあっても輸血を拒否することで知られています。

「神のゆらぎ」というカナダの映画は、エホバの証人の信仰をもつが故に末期の白血病でありながら輸血を拒否する牧師とそれをよしとするフィアンセの話です。

信仰は当人の自由意思に基づくもので他人がとやかくいうことではありません。

ただ宗教をやっている人はその宗教特有の価値観をもっているために、家族との摩擦が起きやすいのです。

私は初回のカウンセリング時にクライアントから家族背景を教えてもらい、さらに身内に宗教に熱心な人はいないのか質問致します。

家族問題には結構宗教が絡んでいることが多いのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表