トップページ > 心理学コラム > 1973年のオイルショックあたりから始まった新たな宗教ブーム

  • mixiチェック

1973年のオイルショックあたりから始まった新たな宗教ブーム

■2016/10/28 1973年のオイルショックあたりから始まった新たな宗教ブーム

戦後の高度経済成長を背景にして宗教ブームが起きました。

さらに1970代以降になるとそれまでの「貧・病・争」といったことから、本当の自分探し、自己実現、日常性からのエスケープといった個人の内面的な問題を解決したいという若者が増えてきました。

そして、そのようなニーズに答えるような新たな宗教組織が台頭してきます。

統一教会、オウム真理教、幸福の科学、真光系の諸教団(崇教真光、世界救世教)、さらに「小さな神々」、「サークル的な宗教」などといわれたように比較的少人数の集団が無数に生まれました。

これが第三次宗教ブーム(明治後期の宗教ブームも含めると第四次宗教ブーム)です。

宗教学者の島田裕巳は1973年を起点にしてこの新たな展開が始まったとみます。

この年は第一次オイルショックが起きてトイレットペーパーが店頭から消えた年です。

それまでは右肩上がりだった日本経済に陰りが見え、これからの社会の行き先に人々は不安を感じるようになった年なのです。

また核家族化が進み、地域の連帯意識が薄れ、個人主義的な傾向が強まった頃でもあります。

物質的には豊かになった社会の中で個人の心の問題がクローズアップされていくのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表