トップページ > 心理学コラム > カウンセラーの内面的な力

  • mixiチェック

カウンセラーの内面的な力

■2016/12/09 カウンセラーの内面的な力

アドラー心理学はどこまで日本人に有効か疑問であるということを書いてきました。

しかしながら、カウンセリングは技法や理論よりもカウンセラーの力量、人間力といったものの方が大きいものでなのです。

傾聴の名人であれば、傾聴だけでクライアントを癒せるのです。

岸見先生は身長155cmであり、アドラーもまたそのぐらいだったようです。

コンプレックスを克服して自らのカウンセリングタイルを確立していったのだと思います。

内面的な力をもつカウンセラーとフィーリングが合えばアドラー心理学は目覚しい効果を発揮することもあるでしょう。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表