トップページ > 心理学コラム > ゴミ屋敷の住民の心理について

  • mixiチェック

ゴミ屋敷の住民の心理について

■2016/12/15 ゴミ屋敷の住民の心理について

ゴミ屋敷の住民はなぜゴミを溜め込んでしまうのでしょうか。

一種の強迫性障害だといわれています。

今のところゴミ屋敷の住民がクライアントとして私のところに来たことはありませんので、私にもそのメカニズムについてははっきり言えないのですが、いくつかの説があるようです。

私が聞いたことのある説は、「このゴミに触れると他の人が不幸になるので、それを防ぐためにためている。 しかし結果的に逆に他人に多大な迷惑がかかってしまう。」というのもです。

人には理解されにくい強迫的な思考してしまうようなのです。

それが故に、彼らは人知れない悲しみをかかえているといいます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表