トップページ > 心理学コラム > 統合失調症とインフルエンザウィルス

  • mixiチェック

統合失調症とインフルエンザウィルス

■2017/01/18 統合失調症とインフルエンザウィルス

風邪やインフルエンザなどで体調が悪くなると精神的にも辛くなるものです。

病気で生命力が低下するとネガティブ思考になってしまうものですが、それだけではなく、風邪やインフルエンザのウィルスそのものが心に影響を与えている可能性もあるのです。

統合失調症といえば代表的な精神病であり、遺伝や後天的なトラウマによって引き起こされるものと一般的には考えられています。

しかし、統合失調症にはインフルエンザのウィルスが関係していのではないかという説があるのです。

妊娠中の母親、或いは出産直後の新生児がインフルエンザに罹患した場合、ウィルスが新生児の脳内に入ってしまい、統合失調症、さらには自閉症や双極性障害の素因にもなるのではないかといわれます。

まだ科学的に十分に実証されたわけではありませんが、私自身の臨床経験からも確かに統合失調症のクライアントは冬場(12~2月)に生まれた人が多いと思います。

そして、統合失調症は春先に発症しやすいというのは、暖かくなってウィルスが活性化するからと考えることもできるわけです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表