トップページ > 心理学コラム > カンジダ菌も心の病に関係する

  • mixiチェック

カンジダ菌も心の病に関係する

■2017/01/20 カンジダ菌も心の病に関係する

カンジダ菌というものも心の病気に関係しているといわれます。

耳慣れない名前かもしれませんが、多くの人が体内にもっている菌で、アルコールや甘いものの取りすぎ、無理なダイエット、抗生物質、ステロイド剤、避妊薬の使用などで増殖してしまうものです。

カンジダ菌の異常繁殖によって、抑うつ症状、不眠、慢性疲労、情緒不安定、さらに肩こり腰痛などによる不定愁訴などが引き起こされるのです。

カンジダ菌が原因のうつ症状の人が抗うつ薬を服用するとかえって悪化することあるようです。

このカンジダ菌も冬場に増殖することがあるのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表