トップページ > 心理学コラム > 怒りの原因はホルモンのアンパランス・・それともピック病・・

  • mixiチェック

怒りの原因はホルモンのアンパランス・・それともピック病・・

■2017/01/25 怒りの原因はホルモンのアンパランス・・それともピック病・・

喜怒哀楽の感情の中で最も根深いのは、怒りの感情だといわれます。

怒りはコントロールが難しいのです。

アンガーマネジメント関係の本が結構出ていますが、その中に書いてある方法(例えば心の中で数を数えるだとか)で解決できるとしたら、その怒りの程度は軽いものだと思います。

心理的な立場からすると、怒りは二次的な感情です。

怒りのさらに根底には一次的な感情として恐怖系の感情があるものです。

ですから、まず何に対する恐怖なのかを明らかにする必要があるのです。

しかしまた、心的なメカニズムとは別に何らかの肉体的な疾患が関与してる場合があります。

女性の場合は更年期障害やPMSによってホルモンがアンバランスになるとイライラしやすくなるものです。

さらに、あまり知られていないところではピック病というものがあります。

若年性の認知症の一つで、40代以降に男女を問わず発病するもので、脳が萎縮してしまうことにより社会常識や礼節がなくなり、対人関係でトラブルを起こしてしまうのです。

相手が不当に怒っていると、自分も怒りが湧いてくるものですが、相手の怒りの原因を見出すことができれば、「それじゃあ仕方がないね」ということで心に余裕がもてるものです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表