トップページ > 心理学コラム > 血糖値と尿酸値

  • mixiチェック

血糖値と尿酸値

■2017/01/30 血糖値と尿酸値

心と体は密接に関係しています。
 
コンビニのジャンクフード、インスタント食品、加工食品などは砂糖や精製でんぷんが大量に使われていてカロリーが高く、その割にはビタミン、ミネラルなどの栄養素が少ないものです。
 
そのようなものばかりを食べていると、血糖値が急激に上がり、その反動で結果的には低血糖になってしまいます。
 
そうすると、脳に栄養がいかなくなり不安やイライラ、集中力の低下、うつ状態などか生じます。
 
ですから、糖尿病の人でうつを併発している人も多いのです。
 
また、甘いものを食べ過ぎると尿酸値も上がり痛風になりやすいものです。
 
強迫性障害の人は尿酸値が高い傾向があるのです。
 
強迫性障害で家の戸締りを一時間以上やるような人は、生活のリズムが乱れ、睡眠時間を短くなってしまったりして、不安感や焦燥感にかられます。

そのような思いを紛らわそうとして甘いものを取りすぎるのでしょうか。
 
しかし、そうなると低血糖になってさらに不安感が増してしまうという悪循環になってしまいます。
 
逆にいうと食生活を変えることで心の病は改善することがよくあるのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表