トップページ > 心理学コラム > 上半身と下半身

  • mixiチェック

上半身と下半身

■2017/02/10 上半身と下半身

上半身、特に肩から背中の筋肉が緊張していると怒りっぽくなってきます。

胸のあたりに緊張があると悲しみの感情が沸いてきます。

また、「腰が引ける」とか「逃げ腰になる」という言葉があるとおり、何らかの逃避願望は腰に負担をかけるものなのです。

そして、恐怖心があると膝がガクガクしてきます。

上半身の緊張は怒りや悲しみ、下半身の緊張は恐れや不安と関係するのです。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表