トップページ > 心理学コラム > カノンのオルゴール

  • mixiチェック

カノンのオルゴール

■2017/03/03 カノンのオルゴール

以前ボディワークをやっていた頃に、BGMとしてオルゴールを使っていました。

一般的なCDではカットさている高周波がオルゴールには含まれているためにライブ演奏と同等のヒーリング効果があるのです。

といっても、治療効果を望むとしたら、一般的なオルゴールではなく、高価なスイス製(リュージュ社)のクルミ材でできているオルゴールになります。

確かに音色が違うのです。

曲はパッヘルベルのカノンです。

もちろんその他にもいろいろな曲があるのですが、カノンのような同じ旋律のリフレインがより深いリラクゼーション効果を生むようです。

さらにただ聴くだけたではなくて、オルゴールをボックスの中に入れて、そのボックスを枕にして寝ると、音楽の振動が脳に響いて効果が増幅するのです。

少し首が痛くなるという難点がありますが、人によっては更年期障害や不眠症などに有効なようです。







◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表