トップページ > 心理学コラム > カウンセリングの目的は「心に聞く」ができるようになること

  • mixiチェック

カウンセリングの目的は「心に聞く」ができるようになること

■2017/03/21 カウンセリングの目的は「心に聞く」ができるようになること

私が行っているカウンセリングでは、トラウマ治療、夢分析、ナラティブセラピー(物語療法)、遺伝子コード治療、イメージ療法、絵画療法などさまざまな技法を組み合わせています。

しかし、最終的にはクライアントが自分の本心に従って行動できるようになればそれだけでいいのです。

心に聞いてその心の声に従う、そのことがそのまま自分らしく生きるということになると思います。

自分の心の奥には膨大な知恵と知識が蓄積されたデータベースがあります。

何か問題が起きたらそのアプリを押してデータベースにアクセスすれば答えを教えてくれるのです。

そして、その答えに従って行動することができるようになると人間関係もスムースになっていくものです。

ただ心と会話をさせまいということで妨害電波(トラウマ、体の不調感、さらにはスピリチュアルな影響など)が私たちの周りを取り巻いているのです。

さまざまな技法を使ってそれらを取り去り、自らの本心に従って生きられるようになることがカウンセリグの目的なのです。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表