トップページ > 心理学コラム > 乱読のセレンディピティ

  • mixiチェック

乱読のセレンディピティ

■2017/03/30 乱読のセレンディピティ

セレンデピティ(serendipity)とは思いがけないことを発見する能力で、特に科学分野で失敗が思いわぬ大発見につながったときなどに使われる言葉です。

日本人にはあまり馴染みがない言葉ですが、アメリカではかなり好まれて使う言葉のようで通りや喫茶店の名前にもなったりしています。

言葉の由来は、18世紀のイギリスで流行した「セレンディップの三人の王子」という童話からきているのです。

セレンディップという国の三人の王子はおもしろい才能をもっていた。

すぐにものを失くしてしまい探そうとするのだが、その探しているものは見つからず思いもかけないものが飛び出してくる。

そういうことが何度も起きたという話です。

セレンディップとはのちのセイロン、今のスリランカのことです。

当時のイギリスから見るとスリランカは東洋の神秘の国ということで、不思議な話の舞台になったのでしょう。

いろいろな分野の本を乱読することで、異なった物質が化学反応を起こして新しい物質ができるように、思いもしなかったユニークな発想が湧くことは確かにあることです。

この本では斬新な発想を得るために乱読を勧めているわけです。

私もこの本の趣旨には賛同します。

ただ、乱読によってすべでの人に良い結果がでるとは限らないのです。

むしろ、専門分野を絞り、一つのテーマを決めて集中的な読書をした方がいい人もいるのです。

私はカウンセリングのときに、クライアントに対してあなたはどういうふうにしたら能力を発揮することができるのかということを具体的にお話することがあります。

カウンセリングでのコメントはその人その人の特質に合わせて為すものなのです。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表