トップページ > 心理学コラム > 「世にも奇妙な物語」

心理学コラム

「世にも奇妙な物語」

昨晩タモリがストーリーテラー役の「世にも奇妙な物語」を見ました。1990年に始まり24年目になる長寿番組です。当初は予定されていた番組が立ち消えになったために急遽穴埋めというかたちでゴールデンタイムに放送されたようですが、それ以降安定した視聴率をとるようになります。今はレギュラー放送はしていないものの、秋と春の特別編というかたちで存続しています。
「世にも奇妙な物語」はオムニバス形式でいくつかの短編が組み合わさっていますが、得体の知れない恐怖にとりつかれ追い詰められていくという話が今回もありました。不思議な偶然が重なり、現実的にはありえないような不条理な世界に引き込まれてしまうという話です。私たちは日常では合理的に考えることに慣れてはいるものの、心の中に何か割り切れない不条理な部分をもっているものです。昔の妖怪の話や怪談の類もやはりそのような人間の心から出てきているものなのでしょう。
現代社会においては不条理な囚われは強迫性障害というかたちで表出することが多いものです。外出時に家の戸締りを一時間以上かけて何度も確認するとか、帰宅時に手にばい菌がたくさんついているのではないかと不安になり何十回も手を洗うとかいうようなものです。本人も馬鹿らしいと思いつつもどうしても止められない。薬を飲めばある程度は症状はおさまるかもしれませんが、根本的な解決にはならないのです。ストレスがかかる状況に再度さらされると今度はパニック障害やうつなど別の心の病になってしまうケースが多いものです。「世にも奇妙な物語」と同じように一つのストーリーが終わってもまた別のストーリーが始まり、やはりまた不条理な世界にはまってしまうのです。
強迫性障害の人は「~しなければならない」という罪悪感に縛られていて、その人らしい生き方ができていないものです。その罪悪感は、生育歴の中で当人を支配してきた人が植え付けたものであることが多いのです。他人からの負のメッセージによって、当人の本心が覆い隠されているのです。カウンセリングにおいては、まずトラウマ治療をすることで罪悪感を消し去り、さらに本当にやりたいことは何なのかということを見つける作業が必要なのです。本当にやりたいことを見つけて、それに没頭できれば、不条理なものに囚われる必要はなくなります。
「世にも奇妙な物語」以上に「笑っていいとも!」は長寿番組でした。タモリという人は本当にやりたいことをやってきた人なのでしょう。

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表