トップページ > カウンセリングの流れ

カウンセリングの流れ

カウンセリングの4ステップについて説明致します。
〈ステップ1〉過去のトラウマにフォーカス
〈ステップ2〉現在の人間関係にフォーカス
〈ステップ3〉未来のビジョンにフォーカス
〈ステップ4〉人生の深い意味にフォーカス

〈ステップ1〉過去のトラウマにフォーカス

私たちは多かれ少なかれ幼少期(ときには胎児期)からトラウマ(心の傷)を受けております。そして、そのことによって本来の生き方に反した歪んだ行動パターンが身に付いてしまっています。FAPカウンセリングによってあなたの今の生き方に悪影響を与えているトラウマを特定し、苦痛なく取り去り、あなた本来の健全な行動パターンを取り戻すことが可能です。あなた自身も気がついていないような思いがけない過去の出来事が心の傷になっていることが多いものです。まだ十分なメカニズムが分かっていないアスペルガー障害も幼少期のトラウマが関与していることが多く、改善の実例が多くあります。

〈ステップ2〉現在の人間関係にフォーカス

過去のトラウマが癒されても、なぜかうつや不安感、イライラ感などの症状が取れないということがあります。さらに、それらは頭痛、肩こり、腰痛などの体の不調を引き起こすものです。そのようなストレス状態の原因として、現在の人間関係、特に身近な家族関係や職場の人間関係が関係していることが多いものです。日々の生活の中であなたにプレッシャーを与えている人物(大抵は複数)によって回復が妨げられていることがあるのです。FAPカウンセリングによりあなたにプレッシャーを与えている人からの悪影響を取り去ることが可能です。
※症状が改善しない場合は心の問題ではなく身体的な原因があったりすることもあります。そのことについてもFAPカウンセリングの中で大よそのチェックを致します。

〈ステップ3〉未来のビジョンにフォーカス

私たちの人生は常に選択の連続です。どうしたらいいのかと迷ったときには、他の人からの助言を参考にするのもときには良いことですが、最終的には自分で責任をもって判断する必要があります。 過去のトラウマや現在の人間関係の束縛から開放されてくると、次第にあなたの本心(心の声)が何なのか、分かってくるものです。その心の声に従って生きることが自律ということであり、そのことによって人生の方向性、未来のビジョンというものが自ずと明らかになってきます。また精神的な「自律」ができてくると、経済的な「自立」も自ずとできるようになっていくものです。

◎以上過去、現在、未来の三つのステップについて説明致しましたが、過去と現在と未来は密接に関係しているものですので、実際のカウンセリングにおいてはこの三つを複合的に取り扱って進行していきます。
そして、三つのステップをクリアすれば、一般的にカウンセリングは成功したといえるわけです。しかしながら、さらにFAPカウンセリングの最終的な目標である「ステップ4」を付け加えておきます。

〈ステップ4〉人生の深い意味にフォーカス

いくらカウンセリングを受けていても、現実的にさまざまな問題は起きてきます。思いがけない病気になったり、不慮の事故や災害に巻き込まれたりすることもあります。この世の中で生きる以上は、私たち人間の力ではどうしようもないことがあるものです。FAPカウンセリングを続けることによって、改善できるところは改善しつつも、同時に人間の力ではどうすることもできない問題にこそ実は人生の深い意味が隠されていることに次第に気が付いてくるものです。そして、自分が置かれている現実をそのまま受け入れ(自己受容)、その奥にある人生の本質的な意味を体得していくのです。

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表