トップページ > 心を軽くするヒント > パニック障害

心を軽くするヒント

パニック障害

薬物療法の普及
1980年頃にそれまでは不安神経症と呼ばれていたものの中で、比較的薬に良く反応する一群があることが分かり、それがパニック障害と名付けられました。 心の問題とされていたものが実は脳内伝達物質のアンバランスによって引き起こされているということから今は薬物療法が普及しております。

心理療法
パニック障害には薬物療法とともに認知行動療法という心理療法が効果的であるとされています。例えば、電車に乗るとパニック障害が起きてしまった経験がある場合、電車に乗るとまた発作が起きてしまうのではないかという不安(予期不安)が生じてしまいます。認知行動療法とは、そのような場合にまず他人に付き添ってもらって各駅停車で一駅間だけ乗ってみて、次第に駅の数を増やしていき安心感を持つことができるようになったら、自分ひとりで乗るようにし、さらに急行列車に乗ってみるというふうに少しずつハードルを上げていくセラピーです。
さらに、TFT療法、或いはその発展版であるEFT療法というセラピーもあります。TFT療法は会話による通常のカウンセリングの効果に限界を感じていたロジャー・キャラハン博士が創始したもので、経絡に添った体のツボをたたく(タッピング)することで生体エネルギーの流れが変わり、不安、うつ、恐怖などが消えるというセラピーです。

思いがけないようことがトラウマになることも
実は当相談室のFAP療法も、元々はTFT療法をヒントにして生まれたものなのですが、今現在は全く別のものになっており、表面的な症状ではなくその根底にあるトラウマを取り扱い、根源的な解決を目指します。先に述べた認知行動療法の場合は、電車に乗るとまたパニックが起きるのではないかという自動思考(思い込み)を少しずつ行動によって切り替えていくものですが、その自動思考を引き起こしている潜在意識的な要因が必ずあるものです。電車に乗ってパニックが起きてしまったということ自体が一つのトラウマなのですが、その根底には過去のもっと根深いトラウマがあることが多いのです。その根本的なトラウマを取り除かないと、とりあえずパニック障害の症状は治ったとしても、うつや強迫性障害などいずれ別のかたちで症状が出てくる可能性があります。
パニック障害の人で、私にはそんな大きなトラウマはありません、パニック障害はPTSDと違ってトラウマは関係ないんじゃないのと思う人もいるでしょう。ところが、思いがけないようなこと、意外なことがトラウマになっていることが多いのです。
トラウマとなりうるのは、些細なことのように思えても、その場で感情発散ができていないような体験です。例えば、子供の頃、お母さんといっしょにデパートに買い物に行ったときに、人が大勢いてほんのわずかな間お母さんの姿が見えなくなってしまったということが起きたとします。そのときに「ママー!」と言って大声で泣き出したとしたらそれはトラウマとしては残らないものなのです。そうではなくて、ほんの10秒間でも見知らぬ人たちに囲まれて体が固まって何も言えなくなってしまったとしたら、トラウマとして残ってしまう可能性があります。感情が発散できないままでそのときの不安をズーっと心の中にしまいこんでしまったのです。そんなこと大したことじゃないよと思うかもしれませんが、そのような体験が成人になってパニック障害となって出てくることがあるのです。
そのような隠れたトラウマは本人は思い出すことはできません。周りの人も気づかないまま大人になってから原因不明のパニック障害の症状がでてしまうのです。
FAPカウンセリングは元々隠れたトラウマを見つけ出し、それを速やかに消去する心理技法として生まれたものです。つまり、パニック障害はFAPカウンセリングの最も得意とする分野の一つなのです。長年の苦しみが1回のセッションで大幅に改善することは珍しいことではありません。

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表