トップページ > 心を軽くするヒント > AC(アダルトチルドレン)

心を軽くするヒント

AC(アダルトチルドレン)

AC(アダルトチルドレン)という言葉の成り立ちと広がり
ACとは、元々「アルコール依存症の親の元で子供時代を過ごして大人になった人たち」(ACOA:Adult Children of Alcoholics)の意味です。
ACという言葉は、1970年代にアメリカでソーシャルワーカーたちが使い出した言葉です。彼らがアルコール依存症の患者のケアをしているときに、その家族のメンバーの中に情緒的な傷があって大人になっても社会生活に支障をきたしている人たちが多いことに気がついて、彼らのことをACと名づけたのです。
1981年にソーシャルワーカーで自身もACであるクラウディア・ブラックが「私は親のようにならない」という本を出したことからACのための自助グループが全米の至るところにできるようになりました。ブラックはアルコール依存症に限らず、虐待、共依存、離婚、貧困などにより健全な機能を失った家族(機能不全家族)で育った人々の病理としてACをとらえていました。少し砕いていうと、大人としての鎧の中に、傷付いたインナーチャイルド(内なる子供)をもっている人のことです。
そして、ビル・クリントン元大統領が自らをACであると大統領選挙中に明言して話題になりました。そのことでさらにACという言葉が有名になったのです。

日本でのAC概念
日本では80年代後半にブラックが来日してからACの概念が知られるようになり、私の恩師でもある斎藤学の著作によって広まることになりました。斎藤は引きこもりや摂食障害なども依存症のカテゴリーに入れたことから、それに伴ってACという言葉の意味合いもかなり広いものになりました。その人が何となく生きづらさを感じており、その原因が家庭環境にあると考えればその人はACということになるのです。元々ACという言葉は医学用語ではないために明確な定義がなく、一時期週刊誌などでもその意味合いを十分に把握しないままに安易に取り上げられていました。
また、ACに限らず、日本社会の中で様々な心の病気をアルファベットの頭文字で表すこと(PTSD,ADHDなど)に違和感をもつ人もいるでしょう。しかしながら、何とか障害、何とか病とかいう深刻な印象を与える日本語よりも、軽い感じの英語のキーワードを使うことにより、「私もACだ」、「私の夫もACだ」という感じで多くの人たちが口を開くことができるようになったことは意味があると思います。自分の問題を言語化して他者にシェアするところから癒しは始まるのです。アメリカでACという言葉が広まったために家庭内暴力や近親相姦といった問題が露見することになったように、日本でも家庭という密室の暗部に光が当てられるようになったのです。

自助グループ、認知行動療法
ACという概念はかなり曖昧なものというお話をしましたが、いわゆる不安障害(PTSD、パニック障害、強迫性障害、全般性不安障害)や境界性パーソナリティ障害などの医学的なカテゴリーとそれらの予備軍を含むものがACといえるでしょう。そして、そのようなACの病理に共通するのは、先に述べたとおり幼少期の家庭環境の問題なのです。
健全な家庭的連帯意識を取り戻すという意味において、ACの人たちが集まり、自らの体験をシェアし、相手の話を聴いて共感し合う自助グループは大変有効なものです。ただ、家庭内で起きた根深いトラウマを自助グループの中ですべて見つけるのは難しいことです。自助グループでは棚卸し作業というかたちで自らの生い立ちを振り返る作業があるのですが、自己内省だけでは、無意識の底に沈んでいる本当のトラウマを見つけることはできないのです。
或いは認知行動療法で間違った思考パターンに気が付いて行動を切り替えていくといったことも有効かと思いますが、やはり幼少期のトラウマを解消しなければ根源的な解決は難しいものです。

FAPカウンセリングでのACからの回復のイメージ
FAPカウンセリングでは、その人が生きづらさを感じている本当の原因にフォーカスします。幼少期からさらに遡りバーストラウマ(胎児期のトラウマ)にまで行き着くことも多いのです。心の表面に雲をかけているトラウマを取り去ることによって、抑圧されていたインナーチャイルドが開放されていきます。そうすると、そのインナーチャイルドのさらに内側に元々備わっていたその人本来の生き方が自ずと表面に引き出されてくる、その人らしさが発揮されてくる。それが私の抱いているACからの回復のイメージです。そして、FAPカウンセリングはそのための最適なツールです。

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表