トップページ > 心理学コラム > アメリカの遺産・AAの自助グループ

心理学コラム

アメリカの遺産・AAの自助グループ

イスラエル軍によるガザ地区の攻撃、泥沼化したシリアの内戦、ISISのイラク侵攻、ロシアとウクライナの対立など世界各地で戦乱は絶えない昨今ですが、その背景にはアメリカがかつての力を失ってしまったということがあるようです。
かつて20世紀はアメリカが物質文明を謳歌した時代でした。自動車産業、テレビなどの家電製品、ファーストフードによる大量消費文化、アポロ飛行船の月面着陸、ハリウッドのスペクタル映画など…アメリカが資本主義社会を華々しくリードし、その文化は戦後のわが国にも多大な影響を及ぼすことになりました。しかしながら、21世紀に入り、9.11以降のテロとの戦い、中国を中心した新興国の台頭、サブプライムローンに発する金融危機などによりソ連崩壊後から続いていた世界の一局集中支配は限界を迎え、アメリカの超大国としての威信が揺らぎつつあるのです。
そのような現況の中で20世紀のアメリカが後世に残した最大の遺産は、結局のところAAから始まった自助グループではなかったのかという話があります。
20世紀初頭にアメリカは資本主義社会のリーダーとなりつつありましたが、1929年にアメリカ発の世界恐慌が起き、アメリカの都市には失業者が溢れ、アルコール依存症が蔓延したといいます。そのような時代背景の中、ビル(ウィリアム・ウィルソン)はニューヨークのウォール街で金融業を営んでいましたが、やはり深刻なアルコール依存症に陥っていました。しかしある時、ビルは一人の友人からオックスフォードグループ運動というキリスト教会の霊性復興運動の話を聞いたことがきっかけとなり、超自然的な癒しを体験し、アルコール依存症から解放されるのです。そして、1935年にアルコール依存症からの回復のための自助グループであるAA(アルコホーリクス・アノニマス/匿名のアルコール依存症者)を同志とともに発足させるのです。
AAではビルがインスピレーションを受けて作り出した12ステップのプログラムというものに即してミーティングをもちます。その12ステップのプログラムの中には「大いなる力」「ハイヤーパワー」「自分が理解した神」という表現があります。そのようなフレーズは、キリスト教の思想を土台にしつつも、他の宗教の信者や無神論者でも受け入れられるように配慮された表現なのです。
そして、あっという間にAAの自助グループは宗教・民族・言語の枠を超えて世界中に広まることになったのです。そしてさらに、薬物依存やギャンブル依存、過食症といった様々な依存症にもAAの12ステップ方式の自助グループが応用されていきました。依存症からの回復のためには、医学的な治療よりもキリスト教的な背景の中から生まれた自助グループの方が有効であることが経験的に分かっているのです。

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表