トップページ > 心理学コラム > カウンセリングでは客観的な診断名を見つけることが大切

  • mixiチェック

カウンセリングでは客観的な診断名を見つけることが大切

■2016/02/05 カウンセリングでは客観的な診断名を見つけることが大切

カウンセリングで扱うのは心の問題ということで傾聴して共感することはもちろん必要なのですが、同時にカウンセラーはクライアントの話を客観的にとらえることも必要です。
 
アメリカ精神医学会の診断マニュアルであるDSM4(あるいは5)を使い、このクライアントはうつなのか、境界性パーソナリティ障害なのか、強迫性障害なのか、あるいは統合失調症なのかということを客観的に判定する必要があるのです。
 
心の病というのは重複するような部分がかなりあって見立てが結構難しいのです。
 
正確な診断名によって治療効果が得られるのです。

お問い合わせはこちら


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表