トップページ > 心理学コラム > 真綿で首を締められるような「優しい暴力」

  • mixiチェック

真綿で首を締められるような「優しい暴力」

■2016/06/14 真綿で首を締められるような「優しい暴力」

心の問題は個人の問題にみえて実は家庭の問題なのです。

うつも幼少期からの家庭環境が関係しています。

父親が厳しい人で「お前はダメだ」と言われ続けたとか、母親から愛情をもらえずネグレクト(無視)されたとかいうようなことは当然うつにつながっていきます。

しかしまた逆に、「優しい暴力」というものもあるのです。

「えらいわね」「素直だね」「あなたは私の希望よ」といった言葉を親、特に母親からかけられていると、子供はその親の期待に答えようとして、良い子を演じてしまうようになるのです。

そして、必要以上に頑張りすぎて、疲れ果ててうつになるパターンです。

真綿で首を締められるようなもので、本人もどうしてこんなことになってしまったのかという感じで心の闇にハマってしまうのです。

そのような人の心の根底には母親から見捨てられることを恐れる気持ちがあります。

その「見捨てられ不安」が幼少期のいつ発生したのかが治療の一つのポイントです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表