トップページ > 心理学コラム > 朝日を浴びるとセロトニンとメラトニンが分泌されてよく眠れる

  • mixiチェック

朝日を浴びるとセロトニンとメラトニンが分泌されてよく眠れる

■2016/08/24 朝日を浴びるとセロトニンとメラトニンが分泌されてよく眠れる

リオ五輪からはブラジル人の陽気さが伝わってきました。

ラテン系は明るいといわれますが、そのことは日照量の多い気候が関係していると思います。

逆に日照量の少ない北欧はうつの人が多いといわれます。

太陽の光を浴びることは心身の健康のために必要なことなのです。

紫外線が気になる人はUVカットのクリームを塗ればいいでしょう。

特に朝日を浴びることはいいことです。

朝日を浴びるとまずうつを防ぐセロトニンが分泌されます。

そして、そのセロトニンが15時間後ぐらいにメラトニンに変換されて夜はよく眠れるようになるのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表