トップページ > 心理学コラム > 鬱には客観的な指標があるわけではない

  • mixiチェック

鬱には客観的な指標があるわけではない

■2016/11/10 鬱には客観的な指標があるわけではない

心の病全般に多かれ少なかれ鬱はからんでいるものです。

その中で、欝が心の問題の中核にあるケースかどうかという識別は本当に難しいものです。

医師やカウンセラーは長年の臨床経験で培った職人的な勘で判断することが多いものです。

たまにテレビなどで体内のある成分が欝に関与しているのではというような話がでますが、数値的なものには必ず例外があるものです。

少なくとも今の時点では欝についての客観的絶対的な指標があるわけではないのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表