トップページ > 心理学コラム > ドラマ「嫌われる勇気」について

  • mixiチェック

ドラマ「嫌われる勇気」について

■2017/02/17 ドラマ「嫌われる勇気」について

  • 香里奈主演のドラマ「嫌われる勇気」を昨晩も見ました。
     
    ベストセラーとなった同名のアドラー本をドラマ化したもので、日本人にとって馴染みの薄いアドラー心理学をドラマの中でどう扱うのかということで、初回から必ず見ているのですが・・・・残念ながら違和感を感じています。
     
    香里奈演じる庵堂蘭子はクールな女性刑事で、アドラー的な生き方を体現する女性であるという設定です。
     
    ただ、私にはそのクールさは幼少期に誘拐されたトラウマから生じる乖離状態か、あるいは、発達障害によるKYのようにも思えてしまい、アドラーが提唱するような目的志向の自律した生き方とは根本的に違うように感じていました。
     
    そのような矢先、日本アドラー心理学会よりフジテレビの番組当局に抗議文が寄せられました。
     
    それによるとアドラー心理学の最も重要なテーマである「共同体感覚」というものがこのドラマには欠落しているということなのです。
     
    「共同体感覚」とは人々が相互に理解し合い、一致に到達し、意見や信念を分かちあうことを可能にする連帯意識を生じさせるものとされます。
     
    しかしながら、主人公は「私はただ、感じたことを口にしているだけ」と言い、「相互理解のための努力」や「一致に到達する努力」や「意見や信念を分かちあうための努力」の側面を放棄しているように見受けられるということなのです。
     
    日本アドラー学会は放送中止か脚本の変更を求めるいるようです。
     
    視聴率も低迷しているようで、抗議文を受け番組当局はどう対応するのでしょうか。
     
    次回はその「共同体感覚」をテーマにするということなので注目しています。
  •  

  •  
     


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表