トップページ > 心理学コラム > 野田市小4女児虐待死事件の背景にあるもの

  • mixiチェック

野田市小4女児虐待死事件の背景にあるもの

■2019/02/11 野田市小4女児虐待死事件の背景にあるもの

野田市小4女児虐待死事件の犯人である父親について、ネットではサイコパスではないかという憶測がなされています。

サイコパスとは、簡単に言うと良心をもっていない冷酷な人というような意味で、アメリカ精神医学会の診断マニュアルDSM5では反社会性パーソナリティ障害のカテゴリーに入る病理です。

遺伝子の専門サイトで検索すると、サイコパスには21種類の遺伝子が関与しているのです。

ただ特定の病気の遺伝子を親から受け継いでいても、すぐにその病気になるわではなくて、何らかの環境要因に触発されることによって、遺伝子のスイッチがオンになlり病気が発現してしまうようなのです。

つまり、仮にこの父親がその親からサイコパスの遺伝子をもらっていても、すぐさま犯罪行為に及ぶということではなくて、生育環境によってそのスイッチが入ってしまったと考えられます。

DVの病理は、その両親や祖父母、さらには叔父さん叔母さんのことを調べていくと、多かれ少なかれ家系全体の病理が関与していることが分かります。

この父親も両親のDVを見て育ったとか、本人が虐待されていたとか、そのような後天的な背景があるはずなのです。

そして、それは母親にも同じことがいえます。

同じような家族背景をもつ男女が無意識レベルで同じ匂いを嗅ぎつけて結びついてしまうことが多々あるものです。

今回のような問題に限らず、トラウマ問題全般についてもいえることですが、早期発見が鍵となります。

そして、ストレス要因を取り除いたり、生活習慣を改善することで、遺伝子のスイッチをオンからオフに再び戻すことはある程度可能なようです。

私のカウンセリングの中でもそういうセラピーを取り入れています。

DVや虐待などの家庭内の問題を、次の世代に伝えないために、家族を密室にせずに周囲の人が気が付いて、迅速で適切な対応をするような社会システムが必要なのです。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表