トップページ > 心理学コラム > コンステレーション 人生航路を進む帆船

  • mixiチェック

コンステレーション 人生航路を進む帆船

■2019/04/24 コンステレーション 人生航路を進む帆船

パスポート申請のために有楽町の交通会館に行ったら、ビル内で帆船の模型展をやっていました。
 
マニアックな趣味で、完成までに短くとも数か月はかかるようで、写真の船(秀吉の時代に日本に漂着したスペインのサン・フェリペ号)は1年4か月がかり。
 
作成クラブの人たちはご高齢の人が多いようです。
 
今の若い人は、じっくりと腰を落ち着けて一つのものに取り組む気持ちが薄れてきているように思えます。
 
海外旅行も飛行機でひとっ飛びですからね。
 
命がけで航海をした時代の帆船は、人生航路に例えられます。
 
船長が舵をとるように、私たちの人生には主体性が求められます。
 
しかし、風の向きや、波の荒さなどの自然現象に無理に抗うと、沈没したり、座礁したりというリスクもあります。
 
人生は自然のリズムにうまく合わせることも必要。
 
臨機応変に自力と他力のバランスが求められるところです。
 
また船内は一つの社会ということで、船員との人間関係も大切。
 
現代社会はさらに複雑な人間関係に悩まされるものです。
 
また昔は、海賊に襲われたり、壊血病で命を落としたり…
 
今は昔と違い、社会制度が整い、医学が進歩していますが、それでも思わぬ天災、人災、病気に見舞われることがあります。
 
そして、昔の人は夜の星の位置や動きで、航路を見極めていた。
 
英語で星座のことをコンステレーションといいます。

昔の人は、夜空を見上げ、星と星を結び付けて神話を創りました。
 
日々の出来事の中で、なぜかいろいろと状況が整ってくる、不思議なシンクロが起きたりして一つの方向が見えてくる…
 
人生の歩みの中でそんなときがあったりします。
 
星座のように、その人にとって、意味のある物語ができてくる。
 
コンステレーションが見えてきたら、人生の船を進めるときなのです。


 
 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表