トップページ > 心理学コラム > 共依存とは?対処法やカウンセリングの効果を紹介

共依存とは?対処法やカウンセリングの効果を紹介


「共依存」という言葉を聞いたことはありませんか?

簡単にいうと、お互いがもたれ合い過ぎて、自立できない不健全な家族や友人関係のことです。

共依存が悪化すると、お互いの自己成長が阻まれ、鬱やときには自殺にまで繋がっていきますので、早い段階で対処することが望ましいです。

 

そこで本記事では、共依存とはどのようなものなのかを、カウンセリングを含めた対処法とともに解説します。

ご自身と恋人や友人、家族の関係が「もしかして共依存なのでは?」とお悩みの方は、ぜひご一読ください。

 

共依存とはどんな状態のこと?

共依存は、1970年代のアメリカにおいて、アルコール依存症者の妻たちが苦しむ様子を目にした介護者たちが、自然発生的に使い始めた言葉です。

もちろん、依存症の相手を思いやり適切なサポートをすることは必要です。

 

しかし、共依存というのは、表面的には相手のことを考えているようにみえて、実は相手をコントロールすることで、自己満足、自己陶酔に陥ってしまっている状態なのです。

 

たとえば、「お前がいないと自分はダメなんだ」というパートナーに対し、「この人には私がいなけりゃダメ」と考えてしまうことが共依存の始まりです。

困っているパートナーをもう片方が支えてあげるという構図は一見、献身的でとても思いやりのある関係性のように見えるでしょう。

しかし、何でもかんでもパートナーがサポートしてしまうことで、本人の自立を阻んでしまうというリスクがあるのです。

 

アルコール依存症の夫が昼夜飲酒を続けて泥酔しているような状況で、その後片付けや身の回りの家事雑事を妻がすべて背負ってしまうということがあります。

このような状況だと、夫のアルコール依存症は改善されることはなく、むしろどんどん飲酒はエスカレートするでしょう。

なぜなら、妻が身の回りの世話をすべて行ってくれて、いくらでも甘えられるという環境は、夫にとっては大変都合のいいものであり、飲酒をやめる理由がないためです。

 

共依存の背景

当初、共依存という言葉は、アルコール依存症の家族に当てはめて使っていた言葉でしたが、次第にギャンブル依存症や薬物依存症の家族、さらにはDV、摂食障害、不登校といった問題を抱えた家族(機能不全家族)の病理として広まっていきました。

 

なんらかの問題をもつ家族のメンバーに対して、過剰に関わって甘やかし、そのメンバーの依存傾向をさらに助長させるような関係性を共依存と呼ぶようになったのです。

もともと、医学用語ではありませんので、明確な定義はないのですが、現代の心の病を紐解く一つのキーワードとして使われるようになりました。

 

2000年代以降は、SNSが普及して、あまり他人に知られたくなかった家庭内の心配事にも、社会的にコミュニケーションの場が与えられるようになります。

そして、特に大きな問題はなくても、なんとなく生きづらい、周囲の人の世話を焼きすぎる、他人の話を聞き過ぎて自己表現がうまくできないと感じているような人たちも、「もしかして、私は共依存かも」と考えるようになり、共依存という言葉はさらに広まっていったのです。

 

共依存になってしまう原因

共依存になってしまう主な原因は、自尊心や自己肯定感が極端に低いことだとされています。

自分の価値を自分自身で認められないので「他者に求められたい」と思い、他者からの承認ということに人生の価値を置いてしまうのです。

 

そして、自尊心や自己肯定感が低い人は、幼少期の環境に問題がある、いわゆるアダルトチルドレンである傾向があります。

アダルトチルドレンとは、幼少期に親からの愛を受け取ることができずに育った結果、大人になっても生きづらさを感じている人のことです。

幼少期に、親から肯定されて愛されるという経験が少ないと、大人になっても自分に自信がもてず、人の顔色を伺う性格になってしまうことがあるのです。

 

そのため、幼少期の親子関係のわだかまりが、将来的な共依存の原因となってしまうということなのです。

さらに、深堀りしていくと、当人の親、祖父母に同じような依存症と共依存があったことも多く、世代間の連鎖のようなものが見えてくるものです。

つまり、依存・共依存の関係性は、家族や家系の問題としても捉えることができるのです。

 

共依存になりやすい人の特徴

共依存になってしまう人は、アダルトチルドレンの人に多い傾向があります。

共依存になりやすい人に多く当てはまる、性格的な特徴を具体的に以下にまとめました。

 

共依存になりやすい人の特徴

  • 相手を優先して自分を犠牲にする
  • 他者から必要とされることで自分の存在意義を実感する
  • 自分自身の価値が低いと思っている
  • 何かあったときに、必ず自分が悪いと思ってしまう
  • 物事を両極端に捉えてしまう
  • 自分の本当の気持ちを伝えることが苦手である

 

上記に当てはまる項目が多い人は、共依存的な関係に陥りやすいでしょう。

また、たとえ共依存にならなかったとしても、自己肯定感が低いことは健全な状態であるとはいえません。

そのため、上記で紹介した項目に心当たりがある場合は、カウンセリングなどの適切な対処法を早めに試すことをおすすめします。

 

共依存の対処法

「自分とパートナー(あるいは親、息子、娘、友人など)との関係は共依存かもしれない」と思ったら、順を追って対処していきましょう。

 

ステップ①相手を適切な医療機関につなぐ

まず、相手がアルコールに限らず、何らかの依存症であることが疑われる場合には、適切な医療機関を受診させる必要があります。

近年は、摂食障害、ネット依存、SNS依存という新たな依存症の病理が広まりつつあります。

機能不全家族の中では、依存と共依存の関係がごく普通の日常関係のようになってしまっているものです。

第三者として専門家や依存症からの回復者が介入することで客観的な病理が明らかにされ、解決の糸口が見つかることが多いものなのです。

 

厚生労働省のWebサイトでは、以下のように解説されています。

依存症の診断には専門的な知識が必要ですが、特に大切なのは本人や家族が苦痛を感じていないか、生活に困りごとが生じてないか、という点です。

本人や家族の健全な社会生活に支障が出ないように、どうすべきかを考えなくてはなりません。

引用元:依存症についてもっと知りたい方へ – 厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html

 

パートナーが上記に該当する場合は、できるだけ迅速に医療機関につなぎましょう。

 

ステップ②少しずつ相手と適切な距離をおいていく

パートナーが医療機関や自助グループに通い始めたら、次は自分自身のパートナーとのつきあい方を見つめ直しましょう。

といっても、個人的な内省だけでは限界があります。

依存症当人ではなく、共依存の問題を抱えた人たちのための自助グループというものもあります。

同じような問題を抱えた人たちと出会い、お互いに悩みをシェアすることは大きな力となりえるものであり、自己内省が深められていくでしょう。

 

共依存に対するカウンセリングの方法

先に共依存からの回復には、グループワークが有効だと書きましたが、グループは苦手で、個人的なカウンセリングの方が良いという人も多いものです。

 

グループでは主に自らの悩みをシェアし、他のメンバーの話を傾聴することをメインとします。

個人カウンセリングでは、カウンセラーは傾聴と共感を基本にしますが、さらに進めてオーダーメイドのトラウマ治療や本音を表現するための各種のカウンセリング技法が可能となります。

カウンセラーという第三者が入ることで、共依存の人がもつトラウマや生きづらさといった問題に対してより適切な対処ができるのです。

また、グループと個人カウンセリングの併用により、相乗効果が生まれることも多いのです。

共依存の相手となっているパートナーとの関係が比較的良好である場合は、パートナーと一緒にカウンセリングを受けるという選択肢もあります。

 

共依存の人達は、依存的な相手に対して必要以上に献身的に尽くすことで、潜在意識的に「自分の存在が認められた」という安堵感、喜びをもつ傾向があります。

つまり、素のままの自分自身に自信がもてず、セルフイメージの低さが根底にあるわけです。

 

そのような共依存の人達は、幼少期にトラウマを経験し、自己存在に対して「お前は必要ない」というようなネガティブなメッセージを親から受け取ってしまい、心の中に「見捨てられ不安」があることが多いものです。

 

心理相談室セラペイアが提供するFAPカウンセリングとは

心理相談室セラペイアでは、FAP(Free From Anxiety Program不安からの解放のプログラム)というトラウマ治療に特化したセラピーを行っており、ネガティブな感情を根本的に解消してまいります。

 

また、カウンセラーは長年のカウンセリング経験から、本人も気が付いていないような長所や才能を見つけ出すすべを心得ております。

カウンセリングを通して、過去の清算ということのみならず、未来の自分に向かって新しいヴィジョンをもつことができれば、パートナーのことを思いやりつつも、自信をもって自分自身のために生きて行こうという気持ちになっていけるものです。

 

対人恐怖症について

こちらの記事では、対人恐怖症について解説しています。FAP療法はパニック障害にも効果的な治療法です。心に不安を抱えたままではなく、相談できる場所があります。ぜひこちらを参考にしてください。

参考記事:対人恐怖症はカウンセリングで克服できるのか?

 

共依存の改善はカウンセリングには過去を清算し、本来の自分らしい生き方を見つけることが重要

今回は、共依存の概要とともに、カウンセリングをはじめとする共依存の対処法を解説しました。

 

共依存は、「お互いにサポートし合う」という健全な状態ではなく、

「依存されているという状態に依存し、相手の自立を阻んでしまう」病的な状態なのです。

共依存の人も、依存症の人達と同様に、自己肯定感、セルフイメージが低く、生きづらさを感じているので、相手に依存してしまうのです。

共依存に困っている場合は、カウンセリングを受けて、過去の問題の清算をはかるばかりではなく、自らの長所や才能に気が付き、本来の自分らしい生き方を見つけていくと良いでしょう。

 

心理相談室セラペイアでは、最新のカウンセリング技法を使い、短時間であなたの心の問題を解決へと導きます。

共依存にお困りの方は、ぜひカウンセリングにお越しください。

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表