トップページ > 心理学コラム > 上野の森美術館の「怖い絵」展は大盛況

  • mixiチェック

上野の森美術館の「怖い絵」展は大盛況

■2017/11/18 上野の森美術館の「怖い絵」展は大盛況

上野の森美術館で開催されている「怖い絵展」は大変な人気。
 
時間が延長(朝9時~夜8時)されているのを知らずに朝9時半に着いたら、すでに長蛇の列で2時間並びました。
 
写真は最大の注目作ボール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレーの処刑」。
 
16世紀イングランドで王位継承争いに巻き込まれ16歳の若さで9日間だけ女王に在位したものの退位させられ大逆罪となったジェーン・グレーの処刑の場面を描いた作品です。

まだギロチンがなかった時代で手斧で斬首されたのです。
 
史実では処刑は屋内ではなく屋外でなされ、また、白い服ではなく黒い服を来ていたということですが、横3メートル、縦に2.5mのこの絵がものすごいリアリティをもって迫ってくるのです。

「怖いもの見たさ」という言葉があるよにうに、人は怖いものに惹きつけられるもののようです。
 
怖いものとは突き詰めれば死ということになります。
 
フロイトにいわせるとタナトスつまり、死への欲動ということになるわけです。
 
しかし、著書「怖い絵」がべストセラーになったドイツ文学者中野京子によれば、死に惹きつけられるのはおかしなことではなく、そのことによって生の実感をより自覚できるということでむしろ健全なことであるというのです。
 

 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表