トップページ > 心理学コラム > 時間と空間のゆらぎを描いた「海辺のカフカ」

  • mixiチェック

時間と空間のゆらぎを描いた「海辺のカフカ」

■2019/06/10 時間と空間のゆらぎを描いた「海辺のカフカ」


村上春樹原作、蜷川幸雄演出で奇跡のコラボといわれる「海辺のカフカ」

赤坂ACTシアターで観たのですが、どうも内容を把握できません。
 
ギリシア悲劇と日本の古典をモチーフにして、15歳の少年の自立がテーマになっていることは分かるのですが…
 
そこで、村上春樹の原作を読み、舞台では省略されていたストーリーの細部を知ることで、コンテキストがおおよそ見えてきました。

そして、さらにもう一度、舞台を観に行ったら、ある程度の内容をつかむことができました。

1000ページ近い原作を3時間の舞台にするのは少し無理があるかんじ。

予備知識が必要ということです。

この作品は、ジグソーパズルを一つ一つはめていくようなものです。

ストーリーが進展するにつれて全体的な絵が浮かび上がってくる…

フロイトのいうエディプスコンプレックス(自立のためには父親を精神的な意味で殺す必要があるということ)、ユングのいうシンクロニシティ(共時性)といった立場から解釈すれば、かなり部分は腑に落ちました。

時間と空間の揺らぎ、不安定なアイデンティティー…「ゴドーを待ちながら」など1950年代のフランスに始まる不条理劇に通じる世界です。

何年後かにまた観たら、もっと深いところが見えてくるのかもしれません。


 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表