トップページ > 心理学コラム > 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は空前の大ブーム

  • mixiチェック

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は空前の大ブーム

■2020/10/29 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は空前の大ブーム

「鬼滅の刃」が日本中を席巻している。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を品川の映画館で観たが、IMAXという最先端の音響技術による映像はド迫力!!!

今後様々な映画の記録を塗り替えるのではないか。

原作者は吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)という謎の人物…若い女性なのか?…
 
今回の映画版を観る前にまず動画配信で初回から26話までのストーリーを観て(コロナ禍の中、同様の人も多いのでは)、これはすごい作品だと唸ってしまった。

時は大正時代。

ひいおじいさん、ひいおばさんが生きていた頃…

当時の人はもうほとんど今は生きてはいないが、それほど遠い時代でもない…

私たちの潜在意識にはまだ影響力が多分に残っているのではないか…

主人公の職業は炭焼きで、竈門炭治郎(かまどたんじろう)というシブい名前…

当時の日本の街並みと田園風景で登場人物もほとんどが和服姿…

「進撃の巨人」のような中世ヨーロッパ風の世界ではない。
 
 そして、大正時代は関東大震災を除いては戦争もなく平和な時代。

外的な脅威がない時代は、内面の病理が沸き上がってくる…

大正も心の病(全般的に神経衰弱と呼ばれていた)が流行った。

そのあたりは今の日本につながるもの。

実際、少年ジャンプでの最終回は現代になっているらしい。

炭治郎は妹禰豆子(ねずこ)以外の家族を鬼たちに皆殺しにされてしまう。

妹禰豆子も鬼の血を浴びてしまい、鬼になってしまうが、人間の気持ちも失っていない。

鬼である禰豆子とともに炭治郎は、鬼たちと戦う。

しかし、その鬼たちも元々は人間であり、悲しい過去がある…

単なる勧善懲悪ものではなく深い…

今は心の病もかなりオープンなものになってきたが、当時の封建社会の中では家族内で生じたトラウマは隠蔽されてしまい…

盗賊に襲われたり、結核、それからスペイン風邪…

戦国時代、江戸時代の歴史も背景にある…

抑圧された過去の暗闇の中、鬼が生きる阿修羅の世界が生まれてしまったのでは…

柱と呼ばれる鬼殺隊のリーダーの一人煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう←カトリックの思想も想起させる名前)、少年剣士たちは、太陽の霊力か注入された日本刀をもって戦う…

日本的でありながら、世界に通じる普遍性を感じる…

悪の鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)はマイケル・ジャクソンのよう…

日本アニメの優美で繊細な美しさ。

個人の救い、家族愛、血の呪い、という人類共通のテーマ。

コロナの年の鬱憤を晴らすような爆発的な人気。


 
 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表