トップページ > 心理学コラム > 自己啓発のカリスマ  弘法大師空海

  • mixiチェック

自己啓発のカリスマ  弘法大師空海

■2021/03/24 自己啓発のカリスマ  弘法大師空海
自己啓発関係のセミナーに参加したり、その関係の本を読んだりすると真言密教の開祖空海の名前がよくでてきます。
真言密教という宗教は理解しがたいものの、超人空海が自己啓発、能力開発のカリスマとして脚光を浴びているのです。
空海が行じた修行をやはり行じる現代人もいるようです。
それから、時間があればの話ですが、四国でお遍路の旅(全部歩くと一か月半ぐらい…無理かな…)を体験してもいいのかもしれませんね…
これは能力開発ということでなく、本来の生き方を取り戻すきっかけになるかもしれません。
 
「弘法も筆の誤り」という言葉があるとおりでこれは一番有名ですが、さらに以下のような能力ももっていました。

➀ポジティブ思考
従来の仏教が現世を虚しいものとみなし、ネガティブ思考だったのに対して、空海の説いた真言密教は欲望を肯定するポジティブ思考、プラス思考だった。
➁超人的な体力
若いころ修験道の行者として猿のように山野を駆け回り、常人の4~5倍の速さで歩くことができた。
③文章力
駆け出し僧であった空海が遣唐使船に乗ることができたのは、仏教と儒教と道教を比較した空海の著作「三教指帰(さんごうしいき)」が桓武天皇の目にとまったため。
④速読
真言を一日1万回100日間唱える(求聞持法)によって自然と一体化し、漢文の経典は読んだ途端に全部理解できた。
⑤透視
やはり求聞持法によって自然と一体化し、山中の鉱脈や温泉を透視し、長安では寺の入り口に立っただけでその寺の霊的なレベルが分かった。
⑥語学力
入唐の前にすでに音博士と呼ばれる人から完全に中国語をマスターしペラペラ話せた。また、インドのサンスクリット語も習得していた。
⑦宗教者としての能力
唐での滞在は20年だったが、すぐ恵果阿闍梨(けいかあじゃり)から密教の奥儀を伝授され、1年2,3ヶ月ですべてを学び終えて帰国している。
 
さらにさらに…空海は以下のことでも知られています。

⑧指導力
加持祈祷によって民衆の心を団結させて、不可能といわれた香川の満濃池の修復を短期間に果たしている。
⑨平等思想
当時差別されていた水銀を扱う人々とともに住み、鉱毒で早死にする運命を受け入れて生きる彼らの姿に心を打たれ、彼らから多くを学んでいる。
➉社会貢献
綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)という学校兼病院を作る。
⑪即身成仏
穀絶ち、水絶ちにより即身成仏。大師は高野山の奥の院で今も生きているといわれる。

まだまだありそう…
まさに超人ですね。


 
 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表