トップページ > 心理学コラム

心理学コラム

心の問題と時代背景

1970年代後半、私は高校生だったのですが、対人緊張が強いことが悩みで、東京正生学院という心の問題をあつかう施設に夏休みの三週間入寮していたことがあります。対人恐怖、視線恐怖、赤面恐怖、乗り物恐怖、きつ音などの悩みをもった人たちが集まっていました。
東京正生学院は、梅田薫という人が自身の神経症体験から創設したもので丹田呼吸法という腹式呼吸と大勢の人がいる前でのスピーチの練習をメインにした療法を行っていました。当時はPTSDだとかパニック障害とかいう言葉はなくて、~神経症~恐怖症といった言い方をしていました。不安神経症とか心臓神経症とか呼ばれていたものの中でも薬がよく効く一群があることがその頃から知られており、それが今パニック障害と呼ばれているようです。名称が変わっても、実質的には同じ心の問題ということなのですが、それでもやはり心の問題は時代背景や社会背景の影響を受けるものだと思います。
梅田先生が生まれた明治時代は、身分による差別がなくなり、西洋の技術や個人主義の影響を受けて日本社会が大きく変わった時期で、その中でいかに生きるかという心の悩みをもつ人が多かったようです。夏目漱石の小説もそのあたりをテーマにしたものが多いわけです。
大正時代は関東大震災があったものの、大きな戦争はなく比較的平穏な時代でした。そのようなときこそ、心の問題が表面化するようで、当時は神経衰弱という言葉がよく使われました。昭和初期になり、世の中全体に不穏な空気がたちこめ、戦争が始まると心の問題どころではなくなるのですが、それが根本的に解決したわけではなくて、心の深いところに押しこめられてしまうのです。
そして、太平洋戦争とその後の混乱が終わるとまた心の問題が次第に表面化してきます。1970年代、80年代は高度成長経済、そして、バブル経済といった流れの中にありました。その頃は社会の中で頑張れば結果は出せるというような風潮がありました。結果が出せないとしたらそれは自分のせいだということで、自分を責めてうつになってしまうわけです。しかし、90年代以降のバブル崩壊の後は、いくら頑張っても派遣のまま、給料が上がらない、出世できないということで、自分は悪くない、社会が悪いんだということで気分が落ち込む人が増えて、そういう人たちの病理を新型うつという言葉に当てはめているのです。
また、生活が豊かになった70年代ぐらいからすでに引きこもりの若者がいて、彼らは本当に社会から隔絶されて浦島太郎状態になってしまっていたわけですが、IT社会となった今の時代は、引きこもっていてもパソコン・スマホを通していろいろな情報が入ってくるので、社会的なスキルを学ぶことができるわけです。ですから、5年10年引きこもっていても何かきっかけをつかむと急にやり手の営業マンになったりする場合もあるようです。
そのように社会や世相から心の問題を紐解くのも時には意味のあることですが、それにしてもやはり、個別性ということを重んじる必要があるでしょう。心の問題は一人一人違うということです。うつといってもその原因は人それぞれですし、引きこもりの背景にあるものも多種多様なのです。そしてまた時代或いは地域を超えたより根本的な共通性というものも重要です。短いフレーズでいえば、心の問題の根底にあるのは死に対する恐怖です。これは人類共通のものです。
カウンセリングは、個別性と普遍的な共通性、さらにそれらに社会的な背景も加味して多角的に行うものなのです。

アメリカの遺産・AAの自助グループ

イスラエル軍によるガザ地区の攻撃、泥沼化したシリアの内戦、ISISのイラク侵攻、ロシアとウクライナの対立など世界各地で戦乱は絶えない昨今ですが、その背景にはアメリカがかつての力を失ってしまったということがあるようです。
かつて20世紀はアメリカが物質文明を謳歌した時代でした。自動車産業、テレビなどの家電製品、ファーストフードによる大量消費文化、アポロ飛行船の月面着陸、ハリウッドのスペクタル映画など…アメリカが資本主義社会を華々しくリードし、その文化は戦後のわが国にも多大な影響を及ぼすことになりました。しかしながら、21世紀に入り、9.11以降のテロとの戦い、中国を中心した新興国の台頭、サブプライムローンに発する金融危機などによりソ連崩壊後から続いていた世界の一局集中支配は限界を迎え、アメリカの超大国としての威信が揺らぎつつあるのです。
そのような現況の中で20世紀のアメリカが後世に残した最大の遺産は、結局のところAAから始まった自助グループではなかったのかという話があります。
20世紀初頭にアメリカは資本主義社会のリーダーとなりつつありましたが、1929年にアメリカ発の世界恐慌が起き、アメリカの都市には失業者が溢れ、アルコール依存症が蔓延したといいます。そのような時代背景の中、ビル(ウィリアム・ウィルソン)はニューヨークのウォール街で金融業を営んでいましたが、やはり深刻なアルコール依存症に陥っていました。しかしある時、ビルは一人の友人からオックスフォードグループ運動というキリスト教会の霊性復興運動の話を聞いたことがきっかけとなり、超自然的な癒しを体験し、アルコール依存症から解放されるのです。そして、1935年にアルコール依存症からの回復のための自助グループであるAA(アルコホーリクス・アノニマス/匿名のアルコール依存症者)を同志とともに発足させるのです。
AAではビルがインスピレーションを受けて作り出した12ステップのプログラムというものに即してミーティングをもちます。その12ステップのプログラムの中には「大いなる力」「ハイヤーパワー」「自分が理解した神」という表現があります。そのようなフレーズは、キリスト教の思想を土台にしつつも、他の宗教の信者や無神論者でも受け入れられるように配慮された表現なのです。
そして、あっという間にAAの自助グループは宗教・民族・言語の枠を超えて世界中に広まることになったのです。そしてさらに、薬物依存やギャンブル依存、過食症といった様々な依存症にもAAの12ステップ方式の自助グループが応用されていきました。依存症からの回復のためには、医学的な治療よりもキリスト教的な背景の中から生まれた自助グループの方が有効であることが経験的に分かっているのです。

1 2 3 4 5

 

  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表