トップページ > 心理学コラム > フェルメールの永遠性

  • mixiチェック

フェルメールの永遠性

■2018/11/19 フェルメールの永遠性

17世紀オランダ黄金時代の画家フェルメール。
 
その代表作といえば「牛乳を注ぐ女」
 
この作品に限らず、他の作品もまた、左上から光が入り、女性は黄色の服を着ているといった構図パターンがみられます。
 
この女性は、農婦か、召使いといった身分でしょう。
 
煌びやかで美しいといった絵ではありません。

フェルメールブルーという言葉もありますが、そのラピスラズリを使ったブルーも今は色褪せているかんじです。
 
ただ瓶から流れる落ちる牛乳は、いつまでも永遠に容器に注がれているという感じがします。
 
種のあるマジックではなく、本当の奇跡というか…
 
深い宗教性がこの絵の本質のような気がします。
 
良い絵は、じっと対峙していても、呼吸が楽に深くできて、いつまでも観ていたくなるものです。
 
表面的に美しても、すぐに呼吸が詰まってしまう絵もあるものですが…



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表