トップページ > 心理学コラム > 左脳と右脳でたのしむ日本の美

  • mixiチェック

左脳と右脳でたのしむ日本の美

■2019/05/13 左脳と右脳でたのしむ日本の美

サントリー美術館での「 information or inspiration ? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」
 
絵画や陶器など日本の美術品の一つ一つを 左脳的な informationの窓と右脳的なinspiration の窓の二つの視点から鑑賞しようというユニークな趣旨です。
 
しかも当日ならば再入場何度でもOKということで何度でも観れる。
 
例えば、本阿弥光悦の赤楽茶碗。
 
informationの窓の横には、詳細な説明書き。
 
inspiration の窓からは熟柿という銘をもつその高台だけが見えてきます。
 
隠れたところにこそこだわるというのが、日本美術の真骨頂。
 
ヴィパッサナー瞑想を教えて頂いた柳田神父によると、このような隠れたところにこそ本当のものが隠れている…。
 
あまり説明しすぎると巷にあふれる左脳的な informationになってしまいますので、このぐらいで…


 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表